どうも、かっかです('ω')ノ
NGSのβテストの開催がついに明日になりました!
自分も運良く当選しまして、新しいグラフィック環境で自キャラを見られると思うとわくわく...浮かれすぎず、テスターとしての役目を果たさねば...!

【本題】
昨日、βテスト用のサイトが公開され事前ダウンロードも始まりました。


シップ選択画面までですが既に起動出来ます!
タイトル
(この記事内で使用している)「画像は『ファンタシースターオンライン2 ニュージェネシス』クローズドβテストにおいて撮影された実機画像です。
開発中のため、正式版とは異なる内容であり、今後改良される可能性があります。」
『ファンタシースターオンライン2 ニュージェネシス』公式サイト
https://new-gen.pso2.jp/
©SEGA PHANTASY STAR ONLINE 2 NEW GENESIS

タイトル画面での負荷具合

初期設定ではFPS設定が無制限(上限180)になっている様です。
現時点ではランチャーから細かく設定を変更する事が出来ないので、グラボに余裕のない方は外部ソフトでFPSに制限をかけるか、明日のβテスト開始時にゲーム内で細かい設定が出来る様になるまで起動しない方が良いと思います。

余裕のある方もAMDFreeSyncやG-Sync等を使った方が良いですね。

ちなみにですが、放送では30/60/90/120/144/165/無制限の7つの最大フレームレート設定がありました。
fps
さっそく負荷具合を調べるためにFPS上限を無制限(180fps)にして、タイトル画面で1分ほど放置した後の写真を撮ってきました。
簡潔に知りたい方用の画像はコチラ。
負荷

■1920x1080のフルHD解像度。
HD

■2560x1440のWQHD解像度。
WQHD

■3840x2160の4K解像度。
4K
やはり4Kは別格...それ以外の解像度ではさほど負荷が掛かりませんがプレイヤーが集まった際や、エフェクトが多くなる戦闘シーンだと大分変ってくるはず。

そもそも180FPSでやる人はそう居ないと思いますが、PSO2だとFPSを無制限にするとロード時間が速くなるのでNGSもそうなった場合...

知っておいた方が良い事・準備など

PSO2のαテストでグラフィックボードが燃えた」という話を目にしたので、当時の期間を指定してそれらしきワードで検索したのですが引っかからない...実際にあったのでしょうがPCはその人の環境がわかりづらいので難しいところです。

PC内部の掃除をせず、埃だらけの環境+スペックに不釣り合いな高い設定で動かすと燃える可能性も出てきそうですが、綺麗な環境+スペックに見合った設定で動かす分には大丈夫だと思います。
あまり掃除していない方はこれを機に、注意を払って掃除する事をオススメします。

昨日、Twitterで「180FPS固定でグラボの使用率が100%になって焼き尽くして壊れそうだからFPS制限しよう」といったツイートが話題になっていますが、調べると中画質相当のPCで疑似4Kにしていたらしいです。無理な設定はPCを滅ぼすので要注意。
推奨スペック
■PCが壊れた場合、賠償責任は?
13.損害賠償責任の制限
(1) 弊社は、本テストへの参加及び配布ソフトウェアの使用により生じた参加者の損害については、配布ソフトウェア及びサーバプログラムが開発途上での試験目的で配布されることを考慮してもなお弊社に過失があると認められる事由に基づく場合を除き、当該損害を賠償する義務はないものとします。
(2) 弊社が損害賠償責任を負う場合であっても、その賠償範囲は、参加者の配布ソフトウェアの使用の結果又は本テストへの参加の結果から参加者に生じた直接且つ現実の損害に限り、弊社の予見の有無にかかわらず、特別の事情から生じた損害、逸失利益、間接損害、その他の損害については責任を負わないものとします。但し、弊社に故意又は重大な過失がある場合はこの限りではありません。
引用:https://new-gen.pso2.jp/cbt/players/support/rule/
大雑把にまとめると「PCが壊れても、よっぽどの事がない限りSEGAは損害賠償義務を負わない」なんて事が書いています。
推奨設定のPCでプレイした際に故障しても、長い間サポートセンターとのやり取りが必要かもしれません...PCに過度な負荷を掛ける場合は自己責任で行いましょう。

■SSD(HDD)バーストの対策
HDDバーストの原因を知っていればNGSで再発する可能性は0だと思うので書くか迷ったのですが、万が一を想定して対策する方はPSO2:NGSをインストールしたドライブのルートに「1」や「A」と言った名前順にすると先頭になるファイルやフォルダを作成し、読み取り専用(リードオンリー)にしましょう。
詳しい方法は検索してください(

■非アクティブ時におけるFPSリミットの変更
NGSでは非アクティブ時に負荷を軽減する機能が付きました。(恐らくPSO2側でもエンジン変更時に機能が増えるはず)
デフォルトでは30FPSになっていますが、変更したい場合はドキュメントにあるNGSフォルダ内のuser.pso2をメモ帳などで編集しましょう。
pso2
最下部にあるInactiveFrameKeepの項目(画像の180の部分)をお好みの数値にしてください。


ではでは見てくださりありがとうございました!
NGSで見かけた際は、声をかけて頂けるとジャンプして大喜びします('ω')ノ